酵素とは?

耳抜きのコツは酸素を出すようにすること

急激な水圧や気圧の変化により、耳が痛くなったり、音が聞こえにくくなることがあります。
そのような時に耳抜きを行うことにより、その症状を解消することが出来ます。
耳抜きのコツとしては、口を閉じ、鼻をつまみながら鼻から酸素を出すようにする方法やアクビをするようにする、酸素を飲み込むようにするなどがあります。
気圧の急激な変化が生じる場合として、飛行機の搭乗時などがありますが、離陸の際に飴を舐めるようにすると、耳の閉塞感を予防することが出来ます。
症状がひどいという場合には、あらかじめ点鼻薬を用意するようにすると、早期に症状を解消することが出来るでしょう。
なお、点鼻薬は薬局で市販されているタイプでも効果的です。
ただし、耳に痛みを生じるという場合には、何らかの病気を併発している可能性がありますので、なるべく早く病院を受診するようにしましょう。
耳が聞こえにくくなるなどを放置しておくと、症状が悪化する可能性があります。

酸素カプセル内の耳抜き

酸素カプセルを利用するうえで、一番気を遣わなければならないのが耳抜きです。
外気との圧力の差で耳が痛くなったとき、耳抜きを行います。
方法はいろいろあります。
鼻をつまんだ状態で鼻から息を吐き出す、口を大きく開けてあくびをする、つばを飲み込む、などが主なものになります。
しかし、無理やり行うと、耳の痛みが残ってしまうこともあります。
酸素カプセルを初めて利用したときに耳が痛くなったら、不安にもなります。
そんなときは、お店のサービスを利用してみましょう。
お店によって気圧の上がり方はそれぞれです。
気圧の上がり方がゆるやかなお店を利用しましょう。
耳抜きをサポートしてくれるボタンがあるところもあるので、そのときはボタンを押しましょう。
それでも痛みが治まらない場合は、停止ボタンを押しましょう。
不安なことがあれば、お店の電話で吸ったスタッフさんに連絡を取ることもできます。
気持ちよく酸素カプセルを利用するためにも以上の知識をしっかり身につけておきましょう。

Copyright 2015 酵素で復活! All Rights Reserved.